カスタム検索

長谷川義史さんの絵本がおすすめすぎる件

長谷川義史さんがすきだー!!!】

 
関西人ならたいてい知ってるちちんぷいぷい
 
その中に「とびだせ!えほん」というコーナーにでている長谷川義史さんって知ってます??
 
とってもね穏やかな話口調で、独特な雰囲気をもつ、“あじのある”人。
職業は、絵本作家。
 
はじめてちちんぷいぷいで見た時、彼の個性的な雰囲気と、なんとも言えない面白さに釘付けになって以来、ずっと注目してます。
 

長谷川 義史(はせがわ よしふみ、1961年2月25日 - )は、日本画家イラストレーター絵本作家

大阪府藤井寺市出身。大阪府立長野北高等学校卒業後にデザイン会社に就職。グラフィックデザイナーを務めた後にイラストレーターに転向。2001年に『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』(BL出版)で絵本作家として活動開始。

妻は絵本作家・あおきひろえ(1963年 - ) 2013年4月発売の絵本『シバ犬のチャイ』は夫婦共作である。

オフィシャルサイト:Hasegawa Yoshifumi homepage

Wikipediaより

 
少し前に、ちょっとした機会があり、長谷川さんの講演会に参加することができたのです。その時、長谷川さんが生まれてから今までのお話や、長谷川さんの絵本のお話を聞いたわけです。
 
ひとことで言えば、”めっちゃおもしろすぎる!!!!!!!!!!”
 
紹介された絵本はどれも頭のなかにその世界観があっという間に広がり、自分もまるで経験してきたことがあるかのように、ぽんっとその物語の中に入り込んでしまえるのです。
 
”うんうん、わかるわかる”とうなづき、おもわず”ぷぷっ”と吹き出し、”くすっ”と笑ったり、”あはは”と膝をたたいて大笑いしたり、目頭がじーんと熱くなったりする長谷川さんの絵本には、ぽかぽかとしたぬくもりを感じます。
 
とてもおもしろくて、我が家にも2冊の本があります。
 
 f:id:sengyosyufu-fuko:20140103213335j:plain
f:id:sengyosyufu-fuko:20140103213354j:plain
 
子どもたちにも人気の絵本で、図書館ではいつも貸出中。早く借りたいのにーーと、いつもパソコン検索をしては”いーーーっ”とヤキモキしてます。
 
長谷川義史ワールド、わたしはとってもとてもだいすきです。
 
 

 ↓お母さんのキャラもほんと最高で

 ↓なんて素敵な想像力と感心し

おへそのあな

おへそのあな

 

 ↓ホロリと涙がじんわりきて

 ↓これならわたしも忘れて都道府県ぜんぶ覚えれそう

だじゃれ日本一周

だじゃれ日本一周

 

 

と、これがいまもう一度読みたい、そしてむすめやむすこに読ませたい絵本であります。

 

 

じゃ、またねっ。

 
広告を非表示にする